ブレグジット・ショックで思ったこと

英国のEU離脱で一時日経平均は下げ幅1300円超と
騒然とした6月24日でした。
ほとんどのメディアは「残留が優勢」を報じていましたし
私もなんだかんだ言って結局は残留なんじゃないかな?なんて
思っていましたが蓋を開けたら.......


そして26日の時点で投票の再実施に320万人もの署名が集まっていること
国民投票した結果なのに何故なんでしょう。
まさか離脱するとは思わなかった人たちで投票しなかった人なのか?
もしくは雰囲気で離脱に投票してしまったのか?
こんな大きなことを決める投票なのに軽々しく考えていたのか?

日本はどうでしょうか?
18歳から選挙権をもったことで高校生や大学生に街頭でよくインタビューしていますが
行かない、わかんないからって答えている人も結構います。

誰になってほしい?と聞かれればタレントだったり有名人だったり。
これは年齢問わずですけどね。

これから日本も色々な投票が行われることになると思いますが
決まってしまってからでは遅いということをもっと考えていけないといけないんじゃないか。
その時のノリや気分でこんな大きな事が動いてしまうという一票の重み。
そんなことをつくづく考えてしまったブレグジット・ショックでした。











スポンサーサイト

このタイミングで投資家の集い

DSC_0195.jpg
昨日は英国のEU離脱のニュースで様々なところで衝撃が走ったり話題騒然でした。
そんな日に投資家の集いが開催されて参加しました。
この日はもうかなり前から決まっていたし集まったメンバーは常にPCの前にスタンバイしているような
投資家さん達ではないので何の問題もないのですが(゚∀゚)
集まるまでの過程で不動産とかについても話してみたいね、なんて話にもなっていたので
楽しみにしていました。

始めて会う人もいましたが普段から色々な話をしているような集いで
狙っている米国株、日本株、株主優待FX、先物、競売物件、
はたまたかわいい子がいたら紹介したいわ、なんて話にも発展するという
どこへそれていっても話が盛り上がる楽しい会になりました。

好き勝手に話をして知識のある人にその分野の話を聞ける貴重な夜でした。
またの開催が楽しみです。


明日は父の日

母の日に押されて父の日はプレゼント商戦にも貢献しないらしいです。

母親ラブだった父親、今度生まれ変わってもママと結婚したいと言っていました、

私にとっては面倒な存在で朝体調が悪いと顔色を察知して「熱があるんじゃないか」とか言ってくるので
私は一度も熱を計らず元気なふりして皆勤賞でした。

仕事の帰りに2回くらい電車で会った時は地元で飲むか?と言われたので飲みましたが
ママがごはん作ってるから電話してお土産買っていこうとケーキ買ったり。

そんな父が検診のために訪れた病院で倒れたのは59歳
私の会社が一番近かったので母からの電話でタクシー飛ばしていきましたが
既に息をしていませんでした。

何の準備もない母と私、連絡した親戚も唖然....

生きていたら孫と釣りにいったり山歩きしていたかもしれません。

父の日に贈った父の大好きなアーガイルの靴下や皮の小銭入れ
あの世で使ってるかな?
頑固だからみんなとうまくやってるかな

毎年そんなことを思う父の日